クラウドマイニング人柱ブログ

クラウドマイニングと自作PCで発掘しています

NEMのマイニング(ハーベスト)は破綻すると感じる理由

   

NEMは、リップルと並んで送金需要に応えられる可能性のある仮想通貨としての認知度は高く、保有数と利用頻度に応じてハーベスト(マイニング)が可能な通貨です。

ただ、私がNEMのハーベストシステムが破綻するだろうと感じている理由が下記です。

・保有数だけでなく利用頻度も考慮される
・アカウント間で送金シャッフルが可能

保有数だけでハーベスト数が決まる通貨はPOSで、XPなどありますが、NEMはそうした通貨とは違って、利用頻度、利用量なども考慮することで、一極集中を避けようとしています。

ただ、仮にNEMがよりメジャーになった場合に、想定されるのは、複数アカウントを持った富豪が、通貨を流通させているように見せて、NEMの移動を繰り返すことで、一極集中を引き起こすことです。

そのため、NEMのPOIについては、さらに資金力のあるアカウントほど、自分の資産を守りながら、ステークで配当を得られやすいのではと感じています。

NEMのハーベストとPOW通貨の比較

NEMのハーベストよりも、発行数量が決まっていて既に発行済みのリップルのほうが、配当がない分、富めるものも貧乏人も同様にインフレを味わうことが可能です。

また、POW通貨であるイーサリアムがPOSに移行を検討していることを考慮すると、ICOなど通貨移動が自然に起きやすいイーサリアがPOS、POI系の覇権を握るのではと感じています。

私の予想としては、POW系でもASICが開発されてマイニングが中央集権化されたビットコイン、匿名通貨でモネロ、Zcashが生き残り、POSではイーサリアムのみ、リップルは単純に送金システムの単純化のために利用されるシステムになると予想しています。

NEMについては、確かに魅力的なカタパルトなど機能開発は素晴らしいのですが、通貨発展のためにPOIを先に採用してしまった時点で、話題先行の通貨でしかなく、今後開発された機能がビットコインなどに組み込まれることで、淘汰されるのではと予想しています。

 - クラウドマイニング