クラウドマイニング人柱ブログ

クラウドマイニングと自作PCで発掘しています

Hashgainsで100万円分のビットコインキャッシュ(BCH)クラウドマイニングを契約しました→キャンセルしました

   

新規でHashgainsのビットコインキャッシュ2年間クラウドマイニングプランを、28TH/sで契約しました。投資金額は、9,800ドル(日本円で約108万円)となります。

ただ、現時点ではユーザーの評価も出そろっていないのと、いくつかデメリットを感じているので、購入は少額にしておいたほうが良さそうです。

下記が気になった点です。

・認証メールが届かない
・サポートが雑
・2日目にしてマイニング履歴がアップデート遅延

hashgainsは後述しますが、安価なサーバーホスティング事業(go4hosting)を展開するインドの会社が運営しています。そのサービスの評判は、どちらかというと安かろう悪かろうなので、マイニング事業でも同様の傾向がある可能性は高いと感じています。

実際にアカウント作成後に認証メールが届かなかったので、問い合わせをしたところ、チャット対応→メール対応→電話対応と解決に向けて動いてくれたものの、若干たらいまわしにされたので、組織的に対応できる体制が整っていない印象です。

※現時点では認証メールを再送してくれたので問題は解決しました

また契約ごとに、出金手続きをする必要があり、都度0.005btcかかるのも大きなデメリットです。私はそれを知らずに、契約を何個かに分けて購入したので、払い出しの際の手数料が高くなってしまいそうです。

結論としては、2017年夏ごろのローンチということもあるため、システム面でも未完成な部分が多く、レスポンスの体制も整っていないため、もう少し様子を見たほうがいいのではと感じています。

hashgainsのクラウドマイニング契約を購入した理由

hashgainsに投資した理由としては、ビットコインキャッシュもポートフォリオに組み込んでおいたほうが、マイニング実績も安定するのではと考えたためです。

Hashgainsのビットコインキャッシュのクラウドマイニングプランの詳細は下記です。

・1TH/sあたり$350
・メンテナンス料は1日あたり$0.499
・契約期間は2年間

メンテナンス料は、1日あたり$0.499もするので、hashflareの$0.35と比較すると高いです。また初期費用も2年間の契約ということもあるので、hashflareの$220と比較しても割高です。

ただ、現状ではビットコインキャッシュでまともなクラウドマイニングプランが揃っておらず、みんな大好きGenesis miningもビットコインキャッシュの直接採掘プランはありません。

※Genesis miningではビットコイン採掘プランなどで、ビットコインキャッシュへの自動コンバート機能はありますが直接採掘はできない

Bitcoin.comにも1THあたり$749(最小契約単位は2THで$1498)で、メンテンナンス費$0.28、契約期間1年間のビットコインキャッシュのクラウドマイニングプランはありますが、馬鹿みたいに高いので比較対象にすらなりません。

ということで、一番マシに見えたビットコインキャッシュのクラウドマイニング契約がHashgainsだったので契約してみました。

Hashgainsの運営元であるCyfutureについての所感

Hashgainsの運営元であるCyfutureについてですが、事前に調べた感想としては、怪しいインドの会社という印象です。

まず基軸事業としては、Go4Hostingというクラウドサーバーホスティングが中核事業の会社で、10年以上運営しているようです。

インドは中国並みに電気代も安く、人件費も抑えられるので、クラウドサーバーホスティング事業も、低価格を売りにしていて、品質よりはコスト重視の顧客向けサービスを提供しているようです。

ネットの評判などを見ていても、安いが質は微妙という内容が多く、これはマイニング事業でも同様の傾向があるのではと感じました。(チャットサポートなど利用した個人の感想です)

ちなみに、hashgainsの事業については、twitterの登録を見ると、2017年7月くらいからスタートしているようで、儲かりそうだから参入したフットワークの軽い会社という印象で、クラウドマイニング会社としては実績は浅いです。

ただサイトの構成も、他のホスティング事業のテンプレを使いまわしているものの、他のサービスと比べて、デザイン面などは改善されていて、それなりに注力はしているのかなとは感じました。

hashgainsのサポート体制について

ホスティング事業で、かなりの数のサポートチームを抱えているためか、チャットで質問した際もすぐに回答してくれました。

私の場合は、登録後に認証メールが届かなかったので、認証メールを送るようにお願いしたのですが、始めは私のメールは登録されていないと怪しい回答をされました。

その後、既にクラウドマイニング契約をしていることを伝えて、伝票番号を教えると、登録されているが、認証メールが届かない理由は不明なので、メールで問い合わせをしてくださいと言われました。

レスポンスはしてくれるが、実際に問題が解決されるかは若干怪しい対応だと感じましたが、一応レスポンスはあり、対応はするとのことで見過ごしました。

クレジットカードなど購入のスムーズさについて

私は今回$9800ほどの購入をしたのですが、ペイパル決済を使いました。

hashflareはクレジット決済で最大購入可能金額が$3000なのですが、hashgainsは特に設定がないようで、スムーズにペイパル決済で購入できました。請求元は、アメリカ支社?になっていてインドではなく、請求元は「Go4Hosting」になっていました。

決済方法は、PayPal、クレジットカード、Bitcoin、Ethereum、Litecoin、Dash、Bitcoin Cashなど多岐に渡るのですが、送金遅延などでタイムアウトしてしまうと、サポートデスクの対応に不安があるので、ペイパル決済がいいかもしれません。

私はペイパル決済で、即時購入完了で、プランのステータスも「Active」に即時反映されました。

まとめると、インドで安かろう悪かろうのサーバーホスティング事業を営む会社が、インドの電気代の安さを活かしてクラウドマイニング事業に参入してきた。サポートはレスポンスは早いが、解決してくれるかは未知数。運営開始も2017年の夏からで、実績が少なく不安要素はある。ただ、サーバーホスティング事業は10年以上運営されているようなので、倒産などの可能性は薄いのではと感じたことから、とりあえず打診買いで100万円ほど突っ込んでみました。

hashgainsのビットコインキャッシュの収益性について

今回は28THを購入したわけですが、利益予想を書いておきます。

・初期投資$9800
・一日当たりマイニング量$74
・一日当たりメンテナンス費$14
・一日当たり利益$60

初期投資回収には、160日なので約5か月。契約期間は2年間なので、約$43,200分のビットコインキャッシュが採掘可能性があり、ROIは4.4倍ほど。最悪でも初期投資は回収可能ではありそうとの見立てはできるのではないかと思い、私は1万ドルほど購入してみました。払い出しなど今後進捗あれば、アップデートしていきたいと思います。

私がキャンセルした理由

追記:採掘量ですが2日連続で同一の採掘量になるなど、数字が滅茶苦茶怪しいです。さらに設定していた2FAも勝手に外れていて再設定も機能していない状況です。さらにメンテナンス費用も、契約THに関わらず同一になっていて滅茶苦茶な状況なので、現時点では辞めておいたほうがいいと思います。

追記:採掘結果や2FAなどについて問い合わせした結果、こうしたエラーについては、公式サイトのブログ内で事前にエラーが発生している旨のアナウンスがあり、修正変更対応も随時進めているとのことでした。ちなみに、私が気に入らなかったのが、メンテナンス費用が契約THに関わらず同一になっていたのですが、それを突然修正してきて、私の採掘残高が勝手に減らされていたことでした。確かに契約に基づく修正対応ではあるのですが、一度顧客の管理画面上に残高を表示した以上は、ブログ内でこっそりとアナウンスするだけで勝手に修正変更されてしまうのは不信感が増しました。特に、hashgainsのtwitterは1日に数回更新しているのに関わらず、そちらではアナウンスはなしで、ひっそり運営されているブログ内のみでのアナウンスです。問い合わせした時も「・・・の公式ブログでアナウンスしています」といったことを言われました。さらに、ICOの計画も進めているようですが、メンテナンス費用もまともに計算できない、2日連続で同一採掘結果を1週間に2回も発生させてしまう彼らの管理システムであれば、ICOで壮大なことをする前に、まずは既存顧客の対応改善に注力するべきではと個人的に思いました。

以上のことから、こちらの契約をキャンセルしました。キャンセルについても、当初は返金対応はしていないとの説明で、対応を拒否されましたが、契約規約上では正当な理由であればリファンド対応はしますと書いてあったので、その旨を伝えたところキャンセル対応してもらえました。ちなみに、私の場合はペイパル決済を利用していたのですが、ペイパルは買い手保護の強い決済プラットフォームであり、最悪の場合ペイパルが仲裁に入り、買い手の言い分が認められれば強制返金してもらえます。今回の場合は揚げ足取りにはなりますが、先方で返金対応はしていないと言い切ってきたのに、実際の規約では正当な理由であれば返金すると記載があったので、これは完全に嘘であり、このやり取りがペイパルに見つかれば、どちらにしろ強制返金になってしまうだろうからという判断だったのではと感じています。もしも今後新しいマイニングサービスで購入する予定があるのであれば、ペイパル決済のほうが安心(そもそもペイパル決済は手数料が高いので導入していないクラウドマイニングのほうが多いのですが・・・)かと思いました。また、クラウドマイニング契約の規約については、購入時に必ずスクショなり、コピーを取っておいたほうがいいです。

※ちなみに、私がhashgainsで購入をしたのも、ペイパル決済を導入していて信用できそうというのが理由の一つでした。ペイパルは繰り返しになりますが、買い手がクレームを入れやすい決済プラットフォームなので、サービスクオリティが低いサービスは売りにくいというのがあるためです。今回の場合は、その予想は外れましたが、キャンセルできて返金してもらえたので、結果的には上手く立ち回れたかなと思います。

 - クラウドマイニング